2人目育休退園した結果→保育園の退園回避策を発見!

目安時間:約 12分
育休退園後,再入園,保育園

前回のブログの続きです。

 

次女の育児休暇をとったことで、当時2才児(乳児クラス)だった長女が育休退園になったときの話ですね。

 

今日のブログでは

 

長女が育休退園→姉妹で再入園したときの体験談、をお届けします。

 

ちなみに、私は

このときの苦い経験を踏まえて…

 

ママが仕事を辞めたり

なかなか良い転職先が見つからなくても

子どもの保育園を継続できる方法

を発見したんですね。

 

この話をお聞きになりたい方は  ↓  からどうぞ

 

→ ママが仕事を辞めても保育園を継続できる方法

 

 

それでは、育休退園の体験談をお話ししますね!




育休退園後、元の保育園には再入園できるの?

 

幸いな事に職場では育休明けの復帰を待ってくれていました。

 

職場は待ってくれている。

でも保育園はどうなるんだろう…

 

私が心配していたのは、

育休明けに退園した保育園に戻れるのか?

姉妹2人とも同じ園に入れるのかどうか?

でした。

 

そこで再入園の手続きをとったのですが…

 

役所の担当者さんとお話しする中で意外な事実を知ったんですね

 

退園前に通ってた保育園に戻らせてあげたい…

 

私の住まいは、都市部みたいな超・保育園激戦区じゃありません。

 

でも「希望の保育園に入れなかったよ…」なんてママの声はたくさん聞こえてくるエリアでした。

 

私自身も、フルタイム勤務ではなく事務のパートだったので、優先順位的には低い方。

 

じっさい長女が0才児で入園したときも、第3希望の保育園にかろうじて入れたようなものだったんですね。

 

そんな地域なので

 

「育休明けに、退園になった元の保育園に戻れるのか?」

は1番気になってましたね

 

もちろん個人的な感情としても、

 

ママがいい,泣く,朝,保育園

 

育休中の半年、先生やお友だちと離れてしまったとはいえ、せっかくせっかく、あの人見知りでママっ子の長女が、なんとか通えるようになった保育園なんですもん。

 

新しい保育園で1からやり直すより、できれば元の保育園に戻りたいじゃないですか

 

 

せめて姉妹2人が同じ保育園に通えますように…っ

 

とはいえ、今度は姉妹2人がお世話になるわけですよ

 

ママ友の中には

「兄弟なのに保育園バラバラになっちゃった…」

なんて話しも聞いてたので、

 

2人同時入園=2倍の困難になるんだろうか?

とビビってました。

 

なので、たとえ長女が違う保育園になっちゃったとしても

最低でも姉妹2人が同じ保育園に通えますように…!

と祈ってましたね

 

 

元の保育園には優先的に入れるの?

 

その後、1番保育園に入りやすい春・4月の一斉入所を狙って、入園申し込みをしました。

 

職場的には育休まるまる1年とっても良かったのですができるだけ保育園に入れる確率を上げたかったんです

 

あとは、育休の毎日はヘロヘロで早く仕事に復帰したかったのもあったかな。こんなこと書くと「ちゃんと母親業やれ!」って言われそうですけど、ほんと2才と0才のコラボ生活って大変でしたよ(笑)

 

保育園の入園前面接で思いがけない事実が発覚

それで、年末に自治体の職員さんと保育園の入園前面接をしたんです。

入所内定をもらう前の面談ですね。

 

その面談で担当さんがお話してくれたのですが…

 

育休退園した子どもは、元の保育園に優先的に入園できるようにしています

 

ヨッシャー!!

 

心のなかでガッツポーズでしたね。

 

このシステムは、ポイント優遇など地域差があるようですが、

長女のケースでは再入園がほぼ確実だとわかりました。

 

 

じゃあ、下の子は?

 

ちなみに、下の妹は初めての入園ですから

 

優先枠の対象外

Oh No…

 

しかも、

 

 

こちらの保育園だと、来年度の0才児クラスは希望者が多いので、なんとも言えませんね…

 

当時、長女のクラスでは、2人目を出産したママが多かったんです。

2才差で入ってくる弟・妹(0才児)の希望も増えてたのね。

 

 

「お姉ちゃんと同じ保育園に入園できますように…!」

 

「でも少なくとも

上の子が元の保育園に戻れる保障があるなら
下の子もオマケで同じ保育園に入園させてください…っ」

 

2月までドキドキしながら内定通知を待ちました

 

そして・・・

 

保育園,退園後,姉妹,育休明け,再入園,

 

幸いなことに、子どもたちは今まで通っていた同じ保育園に2人同時入園が決まりました!

 

お姉ちゃんは2才児クラスから再入園。

妹ちゃんは0才児クラスに入園できたのです

 

ああ、良かった(´Д`υ)

 

 

それにしても・・・

 

再入園100%保証には、大きな課題が

 

私個人のケースでは、育休中明けに運良く2人同時に再入園できましたが

 

でも、

 

同じ保育園に戻れなかったり、保育園が兄弟バラバラになってしまったり、再入園できたご家族ばかりではありませんよね?

 

せめて必ず元の保育園へ戻れる保証があれば職場にも待機児童にも迷惑かけず安心して育休に入れるんじゃないでしょうか

 

「育休が明けた後に確実に保育園に戻れる保証がなくてはいけない」

「保育園毎に行事予定や持ち物制服が違うから、同じ保育園と言うのもポイント」

→読売オンライン「行政に賛成が多数に…園児退園訴訟アンケート」

 

他のママさんも同じような考えを持っていらっしゃるようです。

 

泣く泣く育休退園を受け入れる代わりに、せめて元の保育園に戻れるよう再入園確約制度みたいなものがあってもいいはずですよね?

 

私もとても合理的な制度だと思ったのですが…

 

再入園保証制度の欠点とは

ところが、再入園保証の制度化にも「大きな落とし穴」があったんです

 

fatal-accident_nursery「育休退園させた枠に待機児童を入れる。育休が終わったら全員100%元の保育園に戻す」というのは、一見、見事な待機児童対策に思えますが、定員超過を招き、非常に危険なのです。

(中略)

詰め込み保育(定員の弾力化)は、待機児童を抱える他の自治体でも以前から行われていることですが、その結果、死亡事故が急増しているというデータがあります。

→所沢育休退園最新情報ブログ:「100%復園保証」は「保育定員超過」をもたらし危険である

 

再入園100%保証することで子どもが犠牲になるリスクが増えてしまうんですね!

 

これはとても見過ごせない

 

子どもたちが安心して安全に過ごせること

 

都市部のママさんたちにとっては、こんな当たり前すぎる「大前提」「願い」になってしまっている現実…

 

育休退園とは、単に「専業主婦vs働くママ」の対立図なんかじゃ済まされない、根本的・根幹的・構造的な問題なんです。

 

でも、だからといって「泣き寝入りしなきゃいけない」と諦めなきゃいけないんでしょうか?

 

 

制度だから諦める?あなたの選択には自由がある

今、まさに育休退園問題が差し迫っている場合。

 

  • 諦めて受け入れるか?
  • 行政や制度に文句を言うか?
  • 正論をもって真っ向から闘うか?
  • 知恵を使って乗り越えるか?

 

じつは、あなたの考え方・信念・立場によって、いろんな道が選べるんですよ?

 

私も長女の育休退園のときは「諦めて受け入れました」けど、後に失業したときは「知恵を使って乗り越えました」しね

 

どうやって乗り越えたのかは「保育園継続マニュアル」でお話しています

 

「うちは育休退園エリアだから仕方ない」

と諦めるだけじゃなくて

 

「1つ1つの選択には自由がある」

 

こんなことに気づくだけでも、少し気持ちが楽になったりしませんか?(*^^*)

 

あなたのお子さんが再入園可能かどうかを知るには?

 

ここまで、第2子妊娠・出産で育休退園になった体験談から長々とお話してきました。

 

でも、体験談はあくまで体験談。

 

個人の状況・地域性・保育園の待機児童数なんかで、ずいぶん結果は変わってしまうと思います。

 

なので、あなたができるだけ確実なことを知りたいのなら、自治体の保育園関連の部署に直接問合せすることをオススメします。

 

電話でも匿名でも問合せはできます。
今ハッキリわからなくて不安なら、直接聞いちゃったほうが気持ちが楽になりますよ~(*´∀`*)

 

 

次回の「保育園退園の体験談」は、

 

まさかのリストラ…ママ失業退職で、即・退園になるの?

 

です。

 

再入園を果たしたその約半年後…

 

わが家2回目の保育園退園クライシスが私の失業で幕を開けたのです(ノд`)

 

保育園,退園回避策

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
このブログを書いてる人

3人娘のママ・りあこです
育休退園やリストラ・引っ越しなど保育園の退園(危機)を4回経験した強運の持ち主。

同じ境遇で悩んでいるであろう日本全国の保育園ママに向けて(たぶん)日本初の「保育園継続マニュアル」を作成・公開しました。

>>もうちょっと詳しい自己紹介はコチラです

カテゴリ
このブログの人気記事は?
コメント

ページの先頭へ