保育園,退園回避策
読者さんの声

正社員の仕事辞めて独立したい【夫を説得する方法】軌道に乗る期間

目安時間 21分
独立 起業 旦那の理解が得られない
  • コピーしました

りあこです。

 

 

メルマガ読者Fさんから

 

「りあこさんはどのように旦那さんを説得して今に至るのですか?」

 

「今の仕事が軌道に乗ったと感じるまでにどのくらいの期間が掛かりましたか?」

 

というご質問をいただきました。

 

 

Fさんに引用許可をいただきましたので

どんなメールのやり取りをしたのか

ご紹介させていただきますね。

 

 

(Fさん、ご快諾いただきありがとうございます(^^))

 

 

フルタイムの仕事を辞めて個人事業主として独立したいが、旦那の理解が得られない。

独立 起業 旦那の理解が得られない

 

 

■Fさんからのメールです。

……………………………………………………………………

 

りあこさん、こんにちは!

 

唐突にこんな質問をして良いのか不安ですが、教えてください。

 

私は正社員フルタイムで働いているのですが、

子どもの小学校入学を機に会社を辞めて、個人事業主として働こうと思っています。

 

すでに準備はできていて、

あとは実行するだけなのですが、旦那の理解が得られません。

 

「今の給料分働ける保証は無いでしょ?」

「個人事業主って1人だよ?ちゃんとやっていけるの?」と。

旦那の言いたいこともよく分かります。

 

...愚痴のようになってしまいましたが、

 

りあこさんがどのように旦那さんを説得して今に至るのか、

 

今の仕事が軌道に乗ったと感じるまでに

どのくらいの期間が掛かったかを教えていただきたいです。

 

よろしくお願い致します。

 

フルタイムと同等の収入・保証を求めるなら、会社勤めの方が確実・安定

 

■りあこからの返信です。

……………………………………………………………………

 

 

Fさん

こんばんは、りあこです。

 

メールをありがとうございます。

 

 

 

唐突にこんな質問をして良いのか不安ですが、教えてください。

 

 

いえいえ。

こういう話をするのは好きなので

ご質問をいただけて嬉しいです(^^)

 

 

Fさんは今

フルタイムで働いているのですね。

 

 

旦那さんの言いたいこと

ほんと、その通りなんですよね。

 

 

個人事業主になっても

すぐに売上が上がるとは限らないし

 

入ってきた売上も

経費や税金、将来のことを考えて

お金を振り分けていかなきゃいけないし

 

 

正社員で働いているときのように

厚生年金や労災保険もなければ

 

会社の後ろ盾も無くなるので

 

 

フルタイムと同等の

収入と保証を必要とするなら

 

会社員をやっていたほうが

確実だし安定する

 

と私も思います。

 

(昨今は円安やら物価高やらで会社の存続自体が危ういという話はさておき)

 

私が自宅起業した理由は「子供たちの保育園を継続するため」

 

すでに準備はできていて、あとは実行するだけなのですが、旦那の理解が得られません。

 

 

なるほど。

 

Fさんは、

旦那さんの理解が得られなくて

困っているのですね。

 

 

まず、私が夫を

どうやって説得したのか、ですが

 

 

そういえば

夫を説得したことって

 

・・・ないかも。(^^;

 

 

もともとうちの夫が

あまり細かいことを

気にしない人なのもありますが

 

 

そもそも、私が

自営業になろうと思ったきっかけは

 

当時、働いていた

事務のパートをリストラになったからで

 

「子供たちの保育園を継続するために」

 

家で働くことにしたんですね。

 

 

その時の話はブログに詳しく書いています。

 

コレが解決策!2人目妊娠出産で上の子の保育園退園回避するには?

 

 

夫を説得するもなにも

 

私のとれる選択肢が

「家で働く自営業になる」

以外になかっただけ、なんです。

 

 

今の仕事で手応えをつかめるまで、私は5年かかりました。

 

今の仕事が軌道に乗ったと感じるまでにどのくらいの期間が掛かったかを教えていただきたいです。

 

 

軌道に乗ったと

言えるかはわかりませんが

 

自分なりの手応えが掴めるまで

私は5年くらいかかりました。

 

長かったですね~笑

 

 

でも、もともとが

 

「うまくいかなかったら

また外に働きに出ればいいしね」

 

くらいの感覚で始めたことなので

 

 

準備もできていなければ

意識も低かったので

 

そりゃあ稼げるわけないよね

 

と、今ならわかります(^^;

 

なぜ独立したいのか?起業する目的は何なのか?

ただ、

収入面については

 

もともと私は

パートで働いていた人なので

 

収入が減っても

夫が働いていれば

家計はなんとかなったんですね。

 

 

ですので

 

今回、Fさんから

メールをいただいて、

 

私が1番気になった点としては

 

 

「今の給料分働ける保証は無いでしょ?」

 

 

旦那さんとしては

 

Fさんには少なくとも

「今のお給料分」は

目指してもらいたいと考えている

 

ということなのでしょうか。

 

 

また、Fさんは

どうして独立をしたいのでしょうか。

 

 

 

すでに準備はできていて、あとは実行するだけ

 

と書かれていたので

 

何かやりたいことがあって

準備を進めて来られたのだと思います。

 

 

もし、よかったら

 

・どのような仕事で開業されるのですか?

 

・なぜその仕事を選んだのですか?

 

・テストマーケティングはされましたか?

 

・会社を辞めずに副業として小さく始めることはできませんか?

 

 

こういった点をお聞きすることで

 

私から、もう少し

踏み込んだアドバイスや

判断材料をご提供できるかもしれない

 

とも思いました。

 

 

参考になるかわかりませんが

 

ひとまず、以上で私からの

ご返信とさせていただきますね。(^^)

 

 

りあこ

 

 

(りあこから返信、ここまで)

……………………………………………………………………

 

 

なんだかんだ会社員っていいよね。

 

いや、ほんとね。

 

 

「会社員いいな」って

私は思ったりするんですよ。

 

 

だって、

会社勤めをしていれば

 

仕事を休んでも有給を使えるし

 

身体を壊しても傷病手当金を受け取れるし

 

国民年金より厚生年金の方が

支給額が高いから、老後の不安も多少は減るし

 

なにかと補償が手厚いじゃないですか。

 

 

 

自営業にこういう補償は一切ないですもん。

 

 

会社のお給料みたいに

確実に収入が入ってくるわけじゃないし

 

身体悪くしたら一巻の終わりだし

 

何か問題が起きたり

トラブルに巻き込まれたら

それこそ自分1人でなんとか

解決しなきゃいけないわけで、

 

 

Fさんの旦那さんも

そういった点を心配されての

 

「今の給料分働ける保証は無いでしょ?」

 

「個人事業主って1人だよ?ちゃんとやっていけるの?」

 

という反応なんだと思うんですね。

 

 

余計なお世話だとは思いつつも『納得のいく選択』をしてもらうために

 

そこはFさんも、

旦那さんの気持ちを受け止めつつも

 

 

すでに準備はできていて、あとは実行するだけ

 

 

思いつきで、仕事を辞めようと

しているわけでもないご様子なのは

メールからも読み取れましたし、

 

 

今回、Fさんが

私に聞きたかったことは

 

「りあこさんは旦那さんをどう説得しましたか?」

 

「軌道に乗るまでどれくらいかかりましたか?」

 

なのですから、

 

 

それ以上、私から踏み込んで聞くのは

余計なお世話なんじゃないか、とも思いました。

 

 

でも、Fさんに

「旦那さんを説得」したいほど

強い気持ちがあるのだとしたら・・・

 

 

もしかしたら、今後

家族の反対を押しのける勢いで

独立されるかもしれなくて、

 

 

そうしたら、場合によっては

後からこんなはずじゃなかった…

 

となってしまうことも十分ありえるわけです。

 

 

 

Fさんが、旦那さんを説得してでも

やりたいことというのは何なのだろう?

 

 

なんで、その仕事を

やってみたいと思ったのかな

 

想いや情熱があってのご選択なのか

 

それとも、何かから

逃げたくての判断なのか…

 

 

ある程度、この仕事ならいけると

Fさんなりに確信できる状態での独立なのか

 

それとも、

テストやお試し的なことは

まだ何もしていない段階なのか…

 

 

だとしたら、

 

いきなり独立ではなく

副業として小さく始めることはできないだろうか…

 

 

・・・などなど、

 

ひとりで悶々と妄想してしまって(^^;

 

 

Fさんとご家族にとって

納得のいく選択をしてもらうために

 

何か私にもできることは

ないだろうかと思って

 

ついつい、お節介なんですけど

私からもFさんにご質問してしまった

 

というわけなんですね。

 

 

相談して、視野が広がったようなハッキリしたような感じに

 

そんなわけで、Fさんと私は

その後、メールのやり取りを

するようになったのですが、

 

 

先日のメールでFさんから、

 

 

しばらくは今とやることは変わりませんが、

頭の中の想像はどんどん膨らんでワクワクします。

相談して、視野が広がったようなハッキリしたような感じになりました!

 

 

 

このようなお声をいただけまして

私もホッとしているところだったりします。

 

 

その後、Fさんと

どんなやり取りをしたのかは、

こちらにまとめました。

 

 

【産後ドゥーラの収入】仕事辞めて個人事業主フルタイム並に稼げる?

 

あとがき  私が今も家で働いている理由は「私しかいないから。」

先日、うちの長女ちゃんが

両目の急性アレルギーになって

 

→こんな顔になってしまったのですが

 

 

その後、3日ほどで回復して

ホッとしたのもつかの間。

 

 

今月に入って、また

長女ちゃんの目の調子が

悪くなってしまったんです。。。

 

 

最初は、近所の

かかりつけ医で診てもらって

様子を見ていたのですが、

 

タイミングの悪いことに

週末に悪化してしまって

 

朝も夜も痛い痛いと

泣き出すくらいの状態に。

 

 

これはさすがにマズイなと

遠くの休日診療医まで車を走らせて

 

丁寧に診察と検査をしてもらって

お薬を処方してもらい

 

週明けに、もう一度かかりつけ医に行って

翌日にその方面に詳しい専門医が来るからと

また病院に連れて行って・・・

 

 

と、ひたすら病院通いの日々を送っていました。

 

 

おかげさまで、

長女ちゃんの目の状態は

ほぼ良くなったのですが、

 

 

 

なんていうか・・・

 

 

私が外に働きに出ず

自営業を続けているのは

 

ほんと、このためなんですよね。

 

 

「家族に何かあった時に

動けるのは、私しかいない。」

 

 

だから、私は家で働いているんです。

 

 

うちの夫は、仕事で

遠くまで移動する毎日ですから

何かあっても呼べませんし、

 

実家も離れているので

急きょ助けてもらうのも無理。

 

 

子供3人いれば

それぞれ体調を崩したり

用事や行事が入りますから

 

もし、私が会社勤めしていたら

そのたびそのたび

仕事を休まなくてはいけないわけです。

 

 

事前にわかっている予定なら

仕事のスケジュールを組めますけれど

 

体調不良は突発的に起きるものだから

 

どうしても、急に

「すみません…今日お休みさせてください(>_<)」

となってしまう。

 

 

で、私が急に休んだら、

当然、一緒に働いている人たちに

しわ寄せが行くし、迷惑を掛けることになる。

 

 

やっぱり・・・外じゃ働けないな・・・って。

 

 

それに、うちの次女ちゃんは

小学生にして不登校なので

 

もし、私が外に働きに出てしまったら

1日中、子供1人で家で過ごさなければならない。

 

ずっと1人で留守番させるって

やっぱ不安ですし、寂しい思いをさせてしまいますもんね。

 

 

というわけで、

 

子供たちが大きくなったら

手が離れて落ち着いたら

また外に働きに出ればいいか

 

と私は思っていたんですが

 

 

なんだかんだと

その日はやってこなくて、

 

 

それに、

自由に働ける今の仕事は

補償や収入面、将来の不安定さよりも

 

「気が楽で快適なこと」

「自分で決められる喜び」の方が

 

私の場合は、やっぱり勝るんです。

 

 

 

そして、

 

私がそんな呑気なことを

言っていられるのは

 

夫がしっかり働いてくれているからで

 

あれこれうるさく言わずに

自由にさせてくれているからであって

 

(そのありがたさを、

ついつい日常では忘れがちだけど)

 

ほんと感謝だし

もっと夫を大事にしなきゃな、って思います。

 

 

保育園,退園回避策

あなたにもできる具体的な方法をお伝えします。

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

りあこ

「保育園継続【1人起業】マニュアル」著者。O型/静岡県民/3姉妹のママ。育休退園やリストラ・引っ越しなど保育園の退園(危機)を4回経験した強運の持ち主。

このブログを書いている人

3人娘のママ・りあこです
育休退園やリストラ・引っ越しなど保育園の退園(危機)を4回経験した強運の持ち主。

同じ境遇で悩んでいる全国の保育園ママに向けて日本初の「保育園継続マニュアル」を作成・公開しました。

>>もうちょっと詳しい自己紹介はコチラです

読者さんの声・ご感想をご紹介します!
カテゴリー
在宅ワークで保育園継続できる?